タイトルケンイシイ
ケンイシイのバイオグラフィ
‘93年、ベルギーのテクノレーベル 「R & S Records」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。’95年、アルバム「Jelly Tones」(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には、「Jelly Tones」 からのシングル 「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/ 森本晃司監督作品)が、イギリスの “MTV Dance Video Of The Year” を受賞。日本人として世界に通用する音作りができるパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得ている。’98年、長野オリンピック・オフィシャル・テーマのインターナショナル版を作曲、世界70カ国以上で常時オンエア。2000年には、アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙&巻頭インタビューを飾る。同年、織田裕二主演の映画「WHITEOUT」の音楽を制作。アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、最近は1年の2/3もの時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごし、まさにインターナショナルなアーティストとして活躍している。’04年スペイン・イビサ島で行われているダンス・ミュージック界最高峰の「DJ Awards」で “Best Techno DJ” を受賞、名実共に世界一を獲得。昨年は愛・地球博で日本政府が主催する瀬戸日本館の音楽を担当。今や彼の才能は全世界に知れ渡り、留まることを知らない。’06年11月にはアルバム「SUNRISER」をリリース。ダンスフロアで機能することを追求した別プロジェクト FLR でのリリース(REEL MUSIQ)も重ねている。

学生時代に制作したデモテープが即採用され、ベルギーの R & S Records と契約。

この春 R & S Records よりデビュー・シングル [Garden on The Palm] がリリース。
その後もオランダの ESP Records よりトモヒロ・ハセクラとの共同プロジェクトRising Sun 名義のシングル [Switch of Love]、次いでカナダの Plus 8 Records(Richie Hawtin と John Acquaviva のレーベル) より UTU 名義シングル [Samsara/ Between The Mirrors] を立て続けにリリース。それぞれが UK の NME紙をはじめヨーロッパの主要メディアで絶賛され、チャート入り。中にはテクノチャートで1位を獲得したものも。

オランダ、アムステルダムのコンベンション・センター RAI で行われた二万人規模
のダンス・イベント "Hellraiser" でライブ。これがキャリア初のライブであった。

ソニー・ミュージックエンターテインメントより日本国内デビュー。写真週刊誌"FOCUS"にフィーチャーされる。国内ライブ・デビューは RISING SUN として東京下北沢にて。Transonic Records のイベント。

R & S Records 10周年記念イベント "R & S Republica" にてライブ(ベルギー、ゲント)。

この年、現在まで続く人気パーティー "Reel Up" を DJ Yama とスタートさせる。

日本発エレクトロニック・ミュージック・レーベル Sublime Records の立ち上げにアーティストとして参加、シングル [Fading Sky]、アルバム [Reference toDifference] をリリース。

ドイツ、ベルリンにて行われた Loveparade のオフィシャル・アフター・イベント"Interference" にてプレイ。

シングル [Extra] リリース。森本晃司(映画「AKIRA」作画監督)監督作品のビデオ・クリップと合わせて世界的に大きな話題になり、翌年の MTV Europe "Dance Music / Video of The Year" に輝く。[Extra] を収録したアルバム [Jelly Tones] は世界発売され、出世作に。

ヨーロッパ、日本において数万人規模のメジャー・フェスティバル出演多数。デンマークRoskilde、ベルギー Pukkelpop、オランダ Lowlands、スペイン Sonar、日本 Rainbow 2000、Natural High!。ほか MIDEM (Cannes France & Hong Kong) などのインターナショナル・ショーケースにも。

エクスペリメンタルな側面を強調したサイド・プロジェクト FLARE をスタート。アルバム [Grip] をリリース。

新宿タカシマヤ・オープニング・キャンペーンCMにシングル [Circular Motion] が起用され、同時オープンの日本初 IMAXシアターにてスペシャル・イベント。またシングル [Echo Exit] がコカ・コーラ春のテーマソングに、シングル [Drummelter] がテレビ朝日系列で放送されたインディ500/ル・マンのテーマ曲に。

アメリカ5大都市ライブ・ツアー。ニューヨークではCMJのファイナル・イベントでプレイ。

アルバム [Metal Blue America] リリース。国内外で様々な反響を呼ぶ。

日本、長野で行われた冬季世界オリンピックの公式テーマ曲 [Fire in White] を作曲&プロデュース。世界70カ国以上で常時オンエアされ話題に。

初の東南アジア・ツアー。台湾、香港、シンガポール、フィリピンでプレイ、計1万人を超す動員を記録。

ダンスフロア・マテリアルのためのプロジェクト FLR をスタート。第一号リリースは [Nettin Pure 1]、Reel Musiq より。

タナカノリユキ氏とのコラボレーション・ビデオ作品 [Islands & Continents 600MHz] を発表。

アルバム [Sleeping Madness] リリース。Talvin Singh や DJ Spooky That Subliminal Kid など異ジャンルのアーティストとのコラボレーションを通し、音楽的にも新境地を開く。日本人として世界に通用する音作りができるパイオニア的存在として、ワールドワイドな高い評価を得ることになる。国内、ヨーロッパでライブ・ツアーを敢行。UKの ReadingFestival、Creamfields でもプレイ。

「ポスト・ペット」キャラクター「MOMO」の音楽プロデュース [Make Me Happy]。

日本映画「WHITEOUT」にてテーマ曲 [Iceblink] ほかを作曲&プロデュース。同年の日本アカデミー音楽賞にノミネートされる。これらの曲が収録されたアルバム[Flatspin] リリース。

Nike の Presto キャンペーンにて、キャラクター&テーマ曲を担当。

Newsweek 誌(太平洋版)の表紙&巻頭インタビューを飾る。

ミックス・アルバム [Millennium Spinnin' at Reel Up] をリリース。

FLR としてアルバム [Easy Filters LP] をリリース。

ボクシングWBA世界バンタム級チャンピオン佐藤修選手の入場テーマ曲 [Future Is What We Are] を作曲&プロデュース。

自らのレーベル "70 Drums" を設立、アルバム [Future in Light] をリリース。

南米ツアー(ブラジル、コロンビア)。

XBOX Music Mixer の音楽を担当。

NTT Docomo FOMA キャンペーン音楽を担当。

DVD+CD ビジュアル・アルバム [Interpretations for Ken Ishii - Future In Light Remixed] をリリース。

スペイン、イビサにて行われた "Dance Music Awards" にてベスト・テクノ・DJ に選ばれる。

愛知万博にて瀬戸日本館の館内音楽を作曲&プロデュース。ビジュアルはCGアーティストの森野和馬氏。

アメリカ、デトロイトで行われたテクノ・フェスティバル "Fuse-In" に招待されメインステージにてプレイ。

ミックス・アルバム [Play, Pause and Play] をリリース。

2006 ブラジル・ツアー、リオ・デ・ジャネイロ、サルバドール・バイーア、サンパウロやクリチーバのビーチエリアを回る。

アルバム [SUNRISER] リリース。Funk D'Void、Fabrice Lig、Bryan Zentz etcとのコラボレーション。森野和馬氏制作のオリジナル iPod ムービーが話題に。日本国内リリース・ツアー(Live/DJ)。

スペインのインドア・ダンス・フェスティバル "M2"にてKraftwerk他と共演。メインホールでのDJの他にオーディトリアムでのアンビエント/エクスペリメンタル・ライブセットをプレイ

2007 アルバム [SUNRISER] がミックスCD [PLAY, PAUSE AND PLAY] とのカップリングでヨーロッパでリリース。

5万人を集めたヨーロッパ最大級ダンス・フェスティバル "Monegros" で Underworld他と並んでメインステージにてライブ&DJを披露。

首都高の交通事故を少なくするプロジェクト "TOKYO SMART DRIVER" に参加。テーマ曲を提供。

インドネシア初見参、バリ島の最大のクラブ Double Six で行われたイベント "elektra666" にてプレイ。

シングル・カット [Sunriser Remixes] に続き、[SUNRISER] のリミックス・アルバムが夏リリース予定。

 


 

kenishii 15th anniversary ebeat ebeat music_mine sublime_records exceptional クラブイベントstandard
(C) KEN ISHII / 70 DRUMS ALL RIGHTS RESERVED
A BUGGED-IN FUSION DESIGN
POWERED BY SOUNDVISION